緑黄色野菜の効果

緑黄色野菜(りょくおうしょくやさい)の効果

緑黄色野菜
野菜は有色野菜とその他の野菜に分類されますが、カロチンが600μg以上入っている野菜、カロチンが600μg以下でも1回に食べる量の多い野菜を緑黄色野菜(りょくおうしょくやさい)と呼びその他の野菜と区別しています。
野菜を中心とした食生活は、がん予防や生活習慣病予防など様々な疾病に効果があると言われていますが、その野菜の中でも緑黄色野菜は最近、注目されています。
緑黄色野菜はがん予防に効果がある栄養素、ビタミンA、ビタミンC、食物繊維をバランスよく含まれているものの代表する野菜で、私たちの食事におけるビタミンCの二割~三割以下、ビタミンAの六割近くを供給しており、その他、食物繊維を多く含んでいます。

緑黄色野菜の効果
緑黄色野菜に含まれているベータカロテンには、がんや脳卒中、心臓病などの原因である体の中の”活性酸素”をを減少させる効果があります。毎日の食生活で緑黄色野菜を摂取している人は緑黄色野菜をまったく食べていない人と比べるとがんの発生率が低いことがわかっています。
生活習慣が悪くてがんになりやすい人でも緑黄色野菜を毎日摂取すればがんになるリスクを下げることができるそうです。

緑黄色野菜の種類

代表的な緑黄色野菜
緑黄色野菜の代表的なものには、にんじんや春菊、小松菜、チンゲン菜、ほうれん草、にら(ニラ)、トマト、ピーマン、パセリ、ブロッコリー、しそ(紫蘇)、野沢菜、芽キャベツ、南瓜(かぼちゃ)、グリーンアスパラガスなどがありますが、緑黄色野菜とは色が緑や黄色の野菜というわけではありません。
緑黄色野菜とはカロチン含量が600μg以上の野菜です。
しかしカロチン含量が600μg以下であっても1回に食べる量の多いピーマンやトマトなどは緑黄色野菜に含まれています。
緑黄色野菜は一日120g以上食べるのが理想的な食事です。緑黄色野菜以外の野菜を呼ぶときは淡色野菜と呼ばれています。

こだわり生活
脂肪酸
微生物の力